fc2ブログ

名車と名都

2011年11月28日 19:05

大阪市長、大阪府知事のダブル選挙は
あっけなく終結しましたね。


ビジネスパーソンの視点で見ると…

「負けた陣営」は、大まかな戦略面、それに
基づく細かな戦術面で顧客ニーズの把握
やマーケティングといった目線が欠けていた
ように思います。

結果を受けての「敗者の弁」を聞いても
その辺りの自覚が最後まで足りなかった
ように感じました。


「厳しい経済競争を生き抜く商人」vs
「旧態依然とした既得権益役人」
的構図を仕組んだ「勝った陣営」の
イメージ作りが勝因でしょう。

商人の街大阪の多数派「民意」が
どちらに傾くかは一目瞭然でした。


大阪人は「新しい風(維新の風)」に
賭けました。

車で言うと、地味なマイナーチェンジ
ではなく、派手なモデルチェンジを
期待しているということですよ。


相対的に、今、国内では新車が売れて
いないようです。

時代の変化に伴う価値観の多様化で、
昔のように良い車が、ステイタスでは
なくなったとも言われますね。

売れない理由はいろいろ推測できますが、
カッコいい国産車がないやん!というのが
私の意見ですね。


事態を受けて、かつて飛ぶように売れた
往年の名車を現代版に復活させようという
動きがあります。これは楽しみですね。


自動車メーカーには「名車」の名に恥じない
カッコいいスタイルのモデルチェンジを期待
します。


大阪の新首長には「名都」の名に恥じない
シンプルでオープンな行政のモデルチェンジ
を期待します。


ワクワクドキドキするような車と都が誕生
すると良いですね!


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://ublog0007.blog.fc2.com/tb.php/14-d5f92deb
    この記事へのトラックバック


    最新記事