fc2ブログ

後悔しない二つの真逆な生き方

2020年11月25日 12:54

『親から「才能」をもらっていない人は
それに左右されない世界で「努力」すれば
良い』

前回の記事(「才能と努力」)を要約すると
こんな感じでした。

何のことはない、当たり前の話ですね。

でも、その“当たり前”をやり遂げるのが
実は大変なんですよね…


コツコツ努力すれば、世の中の役に立つ
でしょうから、結果として誰かを幸せに
する事になりますね。


努力(勉強、練習、トレーニング等)
する事はチャレンジする事です。

チャレンジすれば、後悔をしない
人生を送れそうな気がしますね。


仮に失敗すれば達成感は得られませんが、
チャレンジしたという満足感はあります
からね。



後悔しないための一つの生き方として
「徹底して自分と向きあう!」
方法があるんだと思います。

“逃げない”やり方ですね。


「何のために生きるのか?」を
絶えず自問自答しながら生きる事が
後悔の無い(少ない)人生のような
気がします。

「生きる目的」を明確にする事で
戦略・戦術(手段)が決まるでしょう。

それは結果として「努力」という言葉
から逃れられない選択ですね。


それでも人間ですから、晩年になって
何らかの後悔はあるかもしれませんが…

精一杯チャレンジしたなら、十分輝いて
いるはずです。



それとは真逆な、後悔しないための
生き方もあると思っています。

「徹底して自分と向き合わない!」
方法です。

“逃げ切る”やり方ですね。


自分と向き合うから、後悔の念も
生まれる訳です。

要は、人生の最後においても、自分と
向き合いさえしなければ後悔すること
すらないでしょう。


何も考えずに自分の快楽のためだけに
生きる。自分さえ良かったらいい、と
いう生き方をする。


勉強・練習・トレーニング等から徹底的に
逃げまくって、とにかく楽(らく)しよう!
楽しよう!…“今”を好き勝手生きる方法
ですね。

生き方は人それぞれです。



ただ、ふと自分の努力不足に気づいて
劣等感を持つことがあるかもしれません。

そんな時は、親からもらった才能である
体の特徴(例えば人より顔が小さいとか
人より鼻が高いとか…)で、マウントを
取ったりして似非優越感を覚えましょう。

自己肯定感も人それぞれですからね。


誰かが一生懸命努力している言動に
耳をふさいで生きれば良いんです。

自分自身の懈怠を見て見ぬ振りして
生きれば良いんです。


それに、努力しなくても輝いているように
見せる方法はあります。例えば…

誰かが作(造)った「映画やアニメ」を見て
「服」を着て「料理や酒・煙草」を口にして
誰かが創った「スマホ」の「SNS」に、その
話題をアップして、いいね!をもらえれば
似非承認欲求が満たされるでしょう。


積極的に誰かを幸せにしようと働き掛け
ない分、欲求の満足度が低くて一時的
(刹那的)になりますが…

何度も何度も繰り返せば良いんですよ。

酒・煙草がまさにその典型ですね。


徹底して自分と向き合うか?

徹底して自分と向き合わないか?


どちらかに徹底して生きる事ですね。

後悔しないように生きましょう!


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://ublog0007.blog.fc2.com/tb.php/123-d149f32a
    この記事へのトラックバック


    最新記事