fc2ブログ

才能と努力

2020年10月27日 14:31

仕事をしていて、いつも思うんですが…

私のような仕事は「才能」の有無に影響
されない類のものなんだろうな…と


もちろん、向き不向きや、顧客から見た
好き嫌いはあるでしょう。

ただ世の中の多くの人が、やろうと思えば
やれる仕事ですね。


親から「才能」を受け継がなくても、自分
次第で花を咲かせるチャンスがあります
(私は咲かせてませんけど)

「努力(勉強)」すれば良いだけですから…


運不運はありますが、税理士試験に合格して
勉強し続ければ何とかなるんでは?と感じて
います。



私の仕事だけではなく、世の中の多くの
仕事は同じように、「才能」が無くても
「努力」が有れば、立ち向かえるもの
なのかもしれません。


私のお客さんを頭に浮かべてみても…
「この商売は絶対、才能いるんやろなー」
と思うことはそんなにありませんね。

結局「努力」したもん勝ちでしょう。



今年のプロ野球ドラフト会議が昨日
行われましたね。

まさに悲喜交々でした。


こちらは「努力」だけではどうしようも
無い世界でしょう。

「職業野球人」になろうと思えば
「才能」が必要です。


イチローは、誰にも負けない「努力」で
超一流の野球選手になった訳ですが…

そのイチロー選手と同じように「努力」した
人で、プロ野球選手になれなかった人も
当然いるでしょう。

「才能」に恵まれず、お気の毒です。


ただ少なくとも「努力」できた人は
「才能」に左右されない別の世界で
持ち前の「努力」を武器に活躍する
でしょうね。



そうなると、今度は「努力」そのものが
「才能」ではないのか?という疑問が
湧いてきます。


私見を乱暴に書かせてもらうと…

「才能」は親からもらったもの

「努力」は自分でつくるもの


「努力という才能に恵まれなかった…」
と嘆いている人がいるとしましょう。

ひょっとするとその人は、物事を人のせい
(この場合は親のせい)にする人なのかも
しれませんね。


視点を変えると、「言い訳」する「才能」
に恵まれた“幸せ”な人ですね。


でも誰かを“幸せ”にしたいなら…

グダグダではなくコツコツでしょうね。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://ublog0007.blog.fc2.com/tb.php/122-1766500e
    この記事へのトラックバック


    最新記事