fc2ブログ

アクティビスト

2018年06月21日 12:51

株主総会のシーズンですね。

「株主総会」と言えば、いまだに
「総会屋」を思い浮かべてしまいます。


「総会屋」と言っても、若い人たちは
ピンと来ないかもしれませんね。

株主権利を濫用して、企業に金品を
不当要求する人たちです。


大物ぶった広義のチンピラですね。

総会屋に限らず、エラそうに“大物ぶる”
行為がチンピラ(小物)だという事です。

「ワシを誰や思とんじゃ!」が口癖の人
です。カッコ悪い、というか哀れですね。


おそらく会社法(旧商法)の改正で
規制されて以降、世の中から消えて
いったんでしょう。

その後、耳にするようになったのが
「物言う株主」です。


「アクティビスト」と呼ばれるファンド
ですね。

投資家から資金を集めて、株式を取得した
企業に対して積極的に提案を行う人たち
です。

株主利益・企業価値の最大化(株価上昇)
が目的ですね。



定時株主総会を前にして、こういった
アクティビストに対して株主還元アクション
(自社株買い宣言)をしたのが東芝です。


東証二部に降格したんですが、この3月
決算で債務超過を免れて、上場廃止の
危機はなんとか乗り越えましたね。

債務超過を免れることができたのは、海外
ファンド等から出資してもらったからなん
ですよね。


6月1日にメモリ事業部門の売却が完了
して、お金が入ってくるため、彼らに
“御礼”還元する訳ですね。


まあ、当然と言えば当然なんでしょう。

そのために大金を投資したんですからね…



東芝にとってはメモリ事業という現在の
稼ぎ頭を手放してしまって、早く新しい
収益源を探したい(投資したい)のは
山々でしょう。

ただ、会社がピンチの時は、リストラを
含めたスリム化(合理化)を優先させる
のが鉄則ですよね。


東芝も色々とスリム化を図っている
様に思います。


「サザエさん」のスポンサーを降りた
後は、NYタイムズスクエアの巨大広告
スクリーンを撤去しましたね。


メモリ事業に続いて、パソコン事業は
たったの40億円での“叩き売り”で、
シャープに継承されるそうです。

“なりふり”構ってられません…


そう言えば、最近ソニーが子会社化した
音楽著作権管理会社EMIも、かつては
「東芝EMI」でしたね…


何より、外国人持ち株比率が高い、
言い換えると、アクティビストが多い
東芝にとって、結果として彼らから
自社株を買うことになるなら、それが
一番のスリム化なのかもしれません。
(自社株をその後どうするのか、知り
ませんが…)


以前の記事(バレンタインデー・ブルース
にも書きましたが、子供の頃から身近な
企業の1つだった東芝の再生は、温かく
見守っていきたいですね。

「不正会計」の汚点が消えることは決して
ありませんが、やり直すチャンスはあって
イイでしょう。


私の事務所も「スリム化」がモットー
スリム化)なんですが、最近は
スリム化し過ぎてしまった感じです(苦笑)

脂肪は要りませんが、もっと
筋肉質にならないといけませんね。


カッコ付けて、ヨソの「再生」話
語ってる場合じゃなかったです…


スポンサーサイト





最新記事