fc2ブログ

+α

2018年02月23日 17:51

起業家にとっての“想い”は「経営理念」、
“行動”は「経営管理」ですが、ビジネス
の場合は言うまでもなくソレが求められて
いるか?を考える必要もあります…

先月のブログ(「想いを行動に移そう!」)
で、上記のような当たり前の事をエラそうに
書いてしまったので、自分にフォローして
おきます。

「当たり前≒基本」ですからね(苦笑)



ビジネスで“企業”と“顧客”という二者
だけを考えると…そこには「供給側の
企業が顧客の需要に、いかに応えるか」
というシンプルなテーマがあるんだろう
と思います。

つまり、企業は、自社の「経営資源」を
顧客満足に繋がる「経営戦略」のために
使いましょう!ということですね。


企業の経営資源とは、一般的に言われる
ように「人、物、金、情報+α」です。

いすれも有限ですね。

情報だけは無限にあるように思いますが、
取捨選択する人間は無限ではありません。


自分たちの有限資源を最大限に有効活用
させて競争力を高めましょう。

各企業独自の価値である「+α」の部分を
活かしたいですね。



では、顧客満足のための経営戦略とは
どういったものでしょうか?

企業が千差万別であるように、経営戦略も
千差万別でしょう。そもそも「経営戦略論」
自体が千差万別ですからね…


…が、結局のところ原点に返って「QCD」を
ベースにして考えるのがベストではないかと
思っています。

QCDとは、生産管理の3要素である
 Quality(品質)
 Cost(価格)
 Delivery(納期)
の事ですね。

逆から言うと、生産管理とは、このQCDを
達成するよう生産システムを管理すること
です。

これらを徹底して仕事(作業)しましょう!
という事なんですが、ご想像通り、QCDは
“生産”現場でしか使えない視点ではあり
ません。


皆大好き(?)牛丼の吉野家のコンセプト
である「うまい、やすい、はやい」がコレ
でしょう(順番は時代と共に変遷している
ようですが…)

「まずい」より「うまい」方が…
「たかい」より「やすい」方が…
「おそい」より「はやい」方が…
良いに決まっています。

業種やマーケット、ターゲットに
かかわらず、ニーズは常に共通して
います。社会的ニーズですよね。



ただ、QCDはライバル企業も同様に検討
するでしょう。

結果、差別化となるハズだった競争力は
類似し、各社が拮抗していきます…


コチラも「+α」の強みで顧客に対する
価値を創造していきたいですね。


以上、経営資源(人、物、金、情報+α)と
経営戦略(Quality, Cost, Delivery+α)を
企業と顧客の観点で整理してみました…


…イヤ、その「+α」を語らんかいッ!!


スポンサーサイト





最新記事