fc2ブログ

学級委員長と生徒会長

2017年10月25日 17:51

今週は、どこへ行っても、先日の衆議院
選挙の話題が多いですね。


衆院選挙をどうしても“今”やらなければ
いけないの?

大義が国民に見えにくかったせいもあって
結果が何かしらスッキリしない…という声を
よく耳にします。


解散させた総理のリーダーシップはどう
だったんでしょうか?

今回の選挙で、来たる消費税増税に
「やむを得ない」感を国民に持ってもらう
ストーリー作りはスタートしたような気が
しますね。



改革の旗手となるはずだった「希望の党」の
議席は“残念”だったようですね。


代表の小池さんが民進党との合流に対して
口にした「排除」という言葉が“逆風”を
招いたとか何とか言われていますが…

そもそも国政の“新しい風”になりきれ
なかったから、“逆風”に負けたんでは?
と思います。


小池さんは東京都政のトップになった人
ですよね。

築地移転、オリンピック・パラリンピックを
始めとした東京のたくさんの課題・問題に
寸暇を惜しんで取り組んでくれる人として
選挙で選ばれた人ですよ。


批判覚悟で書かせてもらうと、目の前の
山積みの仕事に集中しないで、ご自身の
政治的野望に色気を出した、その本質を
都民を始め有権者に見抜かれたのが敗因
でしょう。

今後は、ぜひ「都民ファースト」を実践して
ください。



“想い”を持って行った「希望の党」の結党
自体は良い事だと思います。

ただ、小池さんが代表になるという事実を
聞いて「アカン…」確信しました。


内情は分かりませんから、更に、想像で
好き勝手書きますが…

「外様」である民進党から来た細野さんは
やむを得ないとしても、小池さんと共に
がんばってきた若狭さんは、失礼ながら
今回いったい何をされてたんでしょうか?

小池さんに好き放題やられっぱなしの
感じがしましたが、それが若狭さん流
「レディーファースト」なんでしょうか?


「ここ(国政)は私が仕切りますんで
姐さんは都政の方でお願いしときます」
とか・・・

「誰でもない。私が日本を変えてやる!」
とか…

そういった気概が欲しかったですね。


検事上がりのインテリだろうが、良い人
だろうが、誰に聞いても「大人しそう」
というような印象しか持たれないキャラは
政治家として致命傷です(ゴメンナサイ)

落選されて気の毒ですが、もし将来、返り
咲くおつもりなら、党の“顔”となって自ら
“新しい風”を起こせるように「自己改革」
にチャレンジしてはどうでしょうか?

発声練習から始めましょう!冗談では
ありません。弱いんですよ。



リーダーシップとは何か?改めて考えて
みましょう。

簡潔な言葉で言い換えると「リーダー」とは
「代表」ですね。

リーダーは代表としてそれぞれの組織を
強力に“引っ張っていく”のが仕事です。


学校では、クラスの代表は「学級委員長」
ですよね。

クラスの課題・問題から逃げずに、向き
合って、みんなで解決できるようにする
のが仕事です。

成果を残して支持を得たリーダーが
学校全体に活動を広めていこう!…

学校の代表「生徒会長」の誕生ですね。


私たちは、自分で「代表」に立候補する
のは、正直、厳しいのが実情です。

だから、せめて…

「国のために…」という選挙演説での言葉を
「私のために…」と変換させた方がしっくり
くるような人たちを代表にしないためにも
ぜひ選挙には行きましょう!

私たちも「組織」の一員なんですからね。


スポンサーサイト





最新記事