fc2ブログ

モノづくりへの想い

2017年08月28日 18:11

スマホのディスプレイが、かなり調子
悪くなってきたんで、仕方なく買い替え
ました。

前回買い替え時から約2年半です。

スマホの「実質」耐用年数は、経験から
判断すると2~3年でしょうね。


「法定」耐用年数は何年でしょうか?

取得価額は通常「10万円未満」ですから
現在の法人税法等では固定資産として計上
しなくても損金経理(経費)を要件として
一発で“落とせ”ます。

特に調べる必要は無さそうですね(苦笑)



スマホも年々ハイスペック競争が過熱して
私のようなハードユーザーではない者に
とって、大手キャリアのおすすめ最新型は
明らかなオーバースペックです。

私の「ビジネスの鉄則」である“スリム化”
(ブログ「スリム化」)に沿って、身の丈に
合わせたミドルスペック(ロースペック
ちゃうんかい!)の端末を購入しました。

案の定、今のところ十分満足しています。


スマートフォンの「付加価値」領域での
製品戦略競争はやむを得ないんでしょう。

スマホとリンクする「スマート家電」等々
IoTの進歩も、生活をより“楽”にして
くれるでしょうから、確かに“楽しみ”
ではあります。


今の時代の新製品の開発は…

①もう「ソコソコ便利やん」と思われる
モノを更に便利にしてくれるタイプ

②まだ「メチャメチャ不便やん」と思われる
モノを少しでも便利にしてくれるタイプ

…に分かれるんではないでしょうか。

現在のスマホやパソコンなんかは
①の典型ですね。



今日、オフィスビルの窓ガラスの清掃が
ありました。

業者の方が事務所内に来られて、ササッと
キレイにしてくれました。


その方が「空調服」と呼ばれているファン
付きの作業服を着ていました。


ファンから取り入れた空気を服と体の間に
通して、汗が蒸発する気化熱で涼しさを
感じさせるという画期的な製品ですね。

屋外や工場での作業の熱中症対策に!
ということでヒットしているようです。


着心地を尋ねてみると…

照れくさそうに「クーラーの効いた室内
なんかでは逆に寒いくらいです」

何かこっちまで少しうれしい気持ちに
なりました。

コレは②の典型ですね。



日本の技術が途上国の生活水準改善に
役立っていることはよく耳にしますが、
私たちの身の回りでも、まだまだ「メチャ
メチャ不便やん」と思われる物事が多く
あるように思います。

特にその需要は医療や介護の現場に
多いんではないでしょうか…


空調服のように過酷な仕事現場での苦労が
緩和される便利さは、例え、それが小さな
幸せであっても、何か大きな豊かさに
繋がっていくような気がしますね。

日本の「モノづくりへの想い」を感じます。


スポンサーサイト





最新記事