fc2ブログ

対話から逃げない

2016年12月28日 15:09

今日は一般的な仕事納めの日ですね。

おかげさまで穏やかに年末年始を過ごせ
そうです。

日本中、世界中の人たちが、同じように
穏やかな気持ちで新年を迎えられる
ことを願うばかりです。



先程、安倍総理が日本の現職首相として
初めて慰霊したハワイ真珠湾の雰囲気も
映像で見る限り、緊張感はありましたが、
穏やかな様子でしたね。ホッとしました。

日米の両首脳がそろって日米開戦の地
真珠湾で慰霊するのも初めてです。


2人が犠牲者の方々に献花した追悼施設
「アリゾナ記念館」は、海中に静態保存
されたままの戦艦アリゾナ本体の海上に
十字になる形で建てられてるんですね。
初めて知りました。

表現が難しいですが、“アメリカらしい”
慰霊碑ですね。敬意を持ちます。


オバマ大統領の広島の平和公園訪問
と共に、おそらく相当以前から、想いを
発信する「形」というものを日米両国で
計画していたんでしょう(ブログ
何をすべきで、何をすべきでないか」)



慰霊後の演説会場に招かれた真珠湾攻撃の
生存者で米国退役軍人の方へのインタビュー
記事を読みました。

「平和の維持には対話こそが重要だ」と
書かれていましたが、まさにその通りだと
思います。


広島でのオバマさん同様、安倍総理は世界に
向けてメッセージをスピーチしましたが…

演説のキーワードであった「寛容」「和解」
を「未来」「希望」に永く繋いでいくには
今後共、利害が異なる国家間のトップ同士が
面と向かって対話を続けていく必要があると
いうことでしょう。

リーダーとしての役割ですね。

「対話」の重要性を再認識します。



企業経営でも、同じ事が言えるんでは
ないでしょうか。

嫌な交渉事に直面したり、利害関係者から
痛い所をつかれて都合が悪くなったりすると
直に“対話する”ことから逃げ出してしまう
残念な社長さんがいます(苦笑)


本人の器の小ささからすると“一杯一杯”
なのかもしれませんが、トップがそんな
調子の会社の「未来」「希望」は明るく
ないでしょう。

対話を放り出すことは相手と敵対すること
になりかねませんよ。自ら「寛容」「和解」
を遠ざけてしまうことになります。


私の仕事も、もちろん同様です。

私の業務は、簡潔に表現すると
「評価→説明→提案→交渉」
だと思っています。

「評価」以外は「対話」というツールを
使います。

つまり“ほぼほぼ”対話することが
仕事だということですね。


「明日のために今日を逃げない」

今の自分に対する提言です。


今年も色々と有難うございました。
来年もよろしくお願い致します。

皆さん、良いお年を!


スポンサーサイト





最新記事