fc2ブログ

正のスパイラル

2016年11月29日 18:01

出先の仕事で、関係者の方と同じホテルに
泊まったりすると、次の日、一緒に朝食を
とったりしますよね。

普段、朝ごはんを食べない生活をずっと
送っていると、逆にそういう時は新鮮に
感じますし、美味しさも相まって程良い
満足感(満腹感)が得られます。


酒を控えるようになったのが大きな
要因だとは思いますが、最近は
ちゃんと朝食をとっています。

朝からどうしても食べたくなりました。

当然、消費カロリーとのバランスで、それ
以降の食事は調整します。朝食をとると
スグお腹が減ります。良いのか悪いのか…


朝ごはん「食べる」「食べない」の損得
論争はおそらく終わりが無いんでしょうね。

結論は「人それぞれ」ということなんだと
思います。全く面白くありませんが、決着
はその人が付ければいいんでしょう。



大事なのは「朝食」ではなくて体内リズム
の関係で影響を受けるとされる「睡眠」の
方ですね。

朝日を浴びて、朝ごはんを食べて、一日の
スタートを切ることでゴールの快適な睡眠
につながるという定説です。

結果、早起きできるという話ですね。


睡眠が大切なのは異論がないでしょう。

例えば、睡眠不足は、あきらかに仕事に
悪影響を与えます。

仕事が思い通りにいかないとイライラが
溜まって、心の制御装置が利かずにまた
眠れなくなるという悪循環にはまります。

コチラは、気の小さい人が陥りがちな
「負のスパイラル」ですね。


幸い、私は今まで不眠で悩んだことは
ありません。

身の程を知っていますから、そもそも
悩んだりしません。


朝食をとるようになってからは更に
よく眠れるようになった気がします。


「朝食」は農林水産省も文部科学省も
オススメしてくれています。“ダブル”
ですから重要な国家方針だということ
ですね(苦笑)

農水省「めざましごはん」
文科省「早寝早起き朝ごはん」

同じことを提唱するんなら省も一つに
スリム化できるんでは?と言えますね。
(ブログ「改革投資」)



夜遅くまでかかる仕事の人は除きますが、
例えば、私の周りの方々に聞いてみると
「早起き+朝ごはん」派の方が多いように
思います。

皆さん“輝いている人”ばかりですから
ソレが正解なんだ…と今は感じています。
(ブログ「成功する人とは?」)


悩まれている方には本当に申し訳ない話
ですが、不眠で良い仕事はできません。

“残念”な社長さんに「よく眠れますか?」
なんて聞くのもそれこそ気の毒です。


ただ経営者が自ら寝食を忘れて働くのは
自由です。好きにすればいい話ですね。

問題なのは下の者に対して残業の強制や
パワハラする経営者です。


「自分に厳しく他人に厳しい」タイプの
経営者が取りがちな言動であるかのように
思われるかもしれませんが…

私の経験上では「自分に甘く他人に厳しい」
内弁慶タイプの小物がコレです。周囲との
自己評価の乖離から、ほぼ間違いなく老害
として生き恥をさらすパターンになります。

真の「自分に厳しい」方は人に優しいのが
常です。身の程を知っているからですね。



睡眠不足になると、判断能力が極端に落ち
ます。最悪の結果を招かないように色んな
意味で“リセット”しましょう!


「寝る」「寝ない」ではなくて
「眠れる」「眠れない」が論点です。

美味しい朝食→良い仕事→心地好い睡眠
→美味しい朝食…

「正のスパイラル」ですね。


ありがたいことに、最近、仕事で、嬉しい
出来事がまるで連鎖しているかのように
続いてくれます。結果、今まで以上に
熟睡と吉夢に恵まれています。

これも皆さんと朝ごはんのおかげだと
思っています。心から感謝します。

現在、正のスパイラル発動中です!


今日は某所で、川をまたぐ美しい虹を
見ました。いわゆる虹の架け橋です。

皆さんにも良いことがありますように!!


スポンサーサイト





最新記事