fc2ブログ

成功する人とは?

2016年10月21日 12:51

成功してる人に対して感じる共通の
印象があります。

「謙虚な人」「勉強してる人」です。

何をもって成功してると言えるのか?
については、多々あると思います。

私にとってそのイメージは地位や経済力
云々ではなくて“輝いてる人”です。


輝き続けるためには、謙虚であり続ける
こと勉強し続けることが必要なんだろう
と思います。“続ける”ことが大事ですね。


勉強というのは“稼ぐ(生きる)”ための
ソレです。

自己啓発の方法は色々ありますが、
手軽なのはやっぱり読書でしょうか。


読書家の方が「この本面白いよ!」
とオススメしてくれます。

私は、読書家でも何でもないんですが、
本を貸してくださったり…ありがとう
ございます。

でもビジネス書のオススメばかりで
面白味の無い人間だと思われてるん
でしょうね。



成功する人の印象は逆から考えてみると
分かりやすいですね。

「エラそうな人」や「勉強しない人」は
輝いていないでしょう。


以前、ある経営者の方にその会社の数字を
見える化した財務分析資料を基にして説明
させてもらった時です。

「先生、こんなグラフは、僕、全部、頭に
入ってるから」とロクに聞く耳を持って
もらえなかったことがあります。

説明技量が未熟で退屈させてしまったのかと
反省しましたが、後日その方が会計について
全く理解してないということが分かって
困惑してしまいました。

あの社長何であんな事言うたんやろ…?


結局、その方は単にカッコつけて知ったか
ぶりする人だった…というどうでもいい話
なんですが、彼のパーソナリティの問題は
さておき、少なくとも素直になってもらう
ことが出来なかったという点で、課題が
残りました。



経営者は数字に強くなければいけません。
「会計」の基礎的な知識は必須ですよ。
AIとかフィンテックとか口にする以前の
レベルの話です。

「税務」のややこしい知識ではありません。
基本的な会計の話です。世界共通です。


例えば借入をすれば当然返済も始まります。

「元金の返済」と「利息の支払」の会計上
の違いくらいは理解できるレベルになって
おきましょう。

書店に並んでいる初歩的な会計本を読めば
十分です。半日程時間を取れば事足ります。

新規借入…
 資産(キャッシュ)の増加
 負債(借入金)の増加

借入金の元金の返済…
 負債(借入金)の減少
 資産(キャッシュ)の減少

同利息の支払…
 費用(支払利息)の増加
 資産(キャッシュ)の減少

財務諸表(B/S、P/L、C/F)に
どう表れるのか?

会計で「もうけ(利益)」と「お金」を
把握できるようになりましょう!
税金の計算にも繋がっていきます。



基本的な会計の知識は経営者だけでなく
ビジネスパーソンにとって求められる
常識的なスキルとも言えますね。

勉強して損にはなりません。


分からない事が出てきたときはネットで
調べるのが常識なんでしょうが、直接
誰かに聞けばいいと思っています。

専門家でなくても簿記○級とかの資格を
持っている方はたくさんいらっしゃいます。


おそらく周りにもいるハズです。素直に
教えてもらいましょう。

「教えて!」と言われて嫌な気がする人は
少ないと思いますよ。

コミュニケーションのツールになりますし
教える側も説明することで知識の活性化
が図れます。Win-Winです。


私自身、専門以外の事は調べる時間が
もったいないので人に聞きまくります。

ヘルプデスク的な所や役所なんかにも
すぐ電話します。

皆さん親切に教えてくれます。


それに人に聞くことは恥ずかしいことでも
何でもありません。むしろ、好奇心を褒め
られるべきです。


前述の社長さんのように自分の未熟さを
棚上げしたままカッコだけつけてしまうと
更にカッコ悪いことになってしまいます。

メッキはいずれ剥がれます。


分かったフリで終わらず、謙虚に勉強を
続ける心、分からなければ教えてもらう
という素直な心の持ち主が皆から好かれて
社会で活躍して輝く!という構図ですね。


私の考える成功のための「How To」は
シンプルです。

わざわざ本にするまでもありません!


スポンサーサイト





最新記事