fc2ブログ

経営コンサルタント

2016年03月18日 08:56

名前からしてカッコ良い、ハーフ顔の
某経営コンサルタントさんが、学歴だか
経歴だかの詐称でニュースになっています。

週刊誌にスクープされたんですね。
今後は活動を自粛されるそうです。


お顔はメディアを通して「拝見」したことが
ありますが、発言は記憶に残っていません。


ご本人(?)のサイトの「お知らせ」をみると
週刊誌記事について「…記事を拝読された方
には、ご心配をおかけしていると思います…」
と冒頭にありました。

人の事は言えないんですが、日本語の文章
として何かシックリきません。

「拝読」の使い方が間違っています。
「お読みになった方」等が適正でしょう。

「拝読」「拝見」は謙譲語ですから
お互い気をつけましょうね。



でもお顔とお名前からして、英語は多分
ペラペラなんでしょうから立派なモンです。

バタ臭いというかソース顔というか
ガーリックバターソース風ルックス
ですね。インパクト大です。

メディア向けだったんでしょう。

確かに供給側に問題はありましたが、
需要があったのも事実ですよね。



無責任な意見を書かせてもらうと、この方は
理想の自分像に近づくために、過剰な自己
演出をこれまでずっとしてきたんでしょう。

ナルシスティックな言動が必要以上に
目立ってしまって、記者のターゲットに
されたんだと思います。

つまり調子に乗り過ぎてヘタを打った
という感じですね。

自分でまいた種です。反省しましょう。

失敗をバネに、再起してください。


このニュースがあって私も自分の事務所の
ホームページのプロフィールを再確認して
みました。

学歴、経歴すべて真実ですが、大したこと
ない…のも紛れもない真実です。



「経営コンサルタント」に関しては、基本
誰でも名乗ることはできます。

また、実態を持たせるための様々な
資格もあります。


ただ、名乗るからには…
と言うことですよね。

カッコ良く書くと…どんな肩書でも
使いこなせるだけの“腕とハート”が
あるかどうかでしょう。

私も肝に銘じたいと思います。


受け手の方も、その肩書や資格、
学歴や経歴等に惑わされないように
バイアスをコントロールする必要が
あるんではないでしょうか。


人は“見かけ”で判断してはいけない!
の典型的な例ですね。

ある意味、本質を見抜くトレーニングに
なった話題でした。


スポンサーサイト





最新記事