fc2ブログ

行動の判断基準

2015年10月31日 08:00

ある集まりの会食の際、初めてお会いした
事業者の方から商売に係る税金(納税)に
ついて一般的な“倫理”を質問されました。

倫理というより、おそらくサジ加減を
税理士に聞いてみたかったんでしょう。

「節税」や「脱税」云々の話ですね。


私の仕事に関わりの無い方からの酒の席
でのご質問でしたから、一般的な回答で
お茶を濁せば良かったんでしょうが…


納税意識の高くない事業者の方や起業
したての税金に関する知識がまだ乏しい
方等向けに作ったシート(Q&A形式)の
ことを思い出して、ご説明しました。



Q. 行動の判断基準はどこでしょうか?


例えば国民の三大義務(教育→勤労→納税)
の一つ「納税」について考えてみましょう。

税金は、私たちの国家を運営するための根幹
となる収入です。国民が公平に納めなければ
ならないことは分かります。

でも、国が全面的に面倒を見てくれる訳では
ありません。対策をして納税(キャッシュの
流出)は出来れば抑えたいのが心情ですね…


対策を
①「何もしない」→「(バカ)正直」

②「節税する(税制活用)」→「かしこい」

③「租税回避する」→「せこい」

④「脱税する(犯罪)」→「自分さえ
 良かったらイイ」


租税回避というのは、税務当局から“否認”
されるような黒に近いグレーな行為です。
脱税は、まっ黒、論外です。


何が「節税、租税回避、脱税」にあたるか
の例は割愛しますが、何となくイメージは
つくと思います。



A. ビジネスにおいて、行動の判断基準は
通常「損得」で考えれば良いんでしょう。

但し、意思決定に迷うような重大な事案は
損得より、まず「善悪」を基準に判断する
のが良いでしょうね。

善悪が微妙な場合はどうすれば良いのか?

私は「カッコ良いか?カッコ悪いか?」で
決めています。


善or悪>カッコ良いorカッコ悪い>損or得

が結論です!


私の考えでは
①②は「カッコ良い」行動です。

③④は「カッコ悪い」行動です。


…と言い切る私のカッコ悪さが、その会食の
場の微妙な空気を作り出してしまったことを
思い出します。



見るからにカッコ良い人は、あらためて
カッコ良さを意識する必要はないでしょう。

カッコ良いんですから…


ただ、私のようにカッコ悪い人は、せめて
思考、行動をカッコ良くしないとダメです。

何度も書きますが、こんな事を言ってる
から、カッコ悪いんですけどね(苦笑)


では、自分の行動を客観的に
判断してみましょう!


あなたは…

カッコ良いですか?

輝いていますか?

なりたかった自分に
なっていますか?


スポンサーサイト





最新記事