fc2ブログ

有言不実行とマウンティング(1)

2024年01月31日 09:00

世の中にはいつも有言不実行になって
しまう人がいます。

私も若い頃はそうでした(今は…?)


好意的に言うと「見切りが早い」

冷静に言うと「口で言っているだけ」

根性論で言うと「アニマルスピリット無し」

心理学的に言うと「ええカッコしい」



困難から逃げるタイプで、逃げ癖がついて
しまったんでしょう。


自分と向き合って生まれ変わりましょう。

私は生まれ変わりました(…?)



有言不実行の人は必然的に仕事ができない
人になります。

「目標に対する自己管理」ができないので
当然です。

一旦安心させておいて裏切る人をあてには
できませんので、誰も一緒に仕事をしたく
ありません。


「困難から逃げる」=「有言不実行」=
「仕事が(も)できない」



いつも自ら「○○宣言」しておきながら
いつの間にかトーンダウン⇒フェイド
アウト…


仕事や自己研鑽で不実行になると、人生の
高リターンは期待できません。

また、禁酒・禁煙、ダイエット・運動の
ような行動の不実行は人生の高リスク・
高コストにつながります。


続く


「アンディ・ウォーホル・キョウト」にて3-2
「アンディ・ウォーホル・キョウト」にて3-2

スポンサーサイト



想い重ねるクリスマス

2023年12月19日 15:20

早いもので、もうすぐクリスマス。今年も
“終わり”が近づいています。

仕事においては、何事も無かったようで
色んな事があった気がします。


今年に限らず、仕事関係に限らずですが、
訃報を聞くのは本当につらいです。

先月のブログにも書きましたが、とにかく
命さえあれば…です。生きてください。



どっかの政治家のように都合が悪くなれば
人のせいにして逃げれば良いんです。


恥も外聞もなく、内面も外見もカッコ悪く
ても、生き残れば勝ちです。

時が解決してくれます。



身近な人以外では鮎川誠さん、チバユウスケ
さんたちが今年亡くなりました。残念です。


「…ばってん、電気ギターは、胴体が、バカ
でこうないけ…」

何十年も前のラジオでの鮎川氏の言葉が今も
耳に鮮明に残っています。黒のレスポール
カスタムが古今東西一似合う人でした。


チバ氏の「シャロン/ROSSO」はクリスマスに
なると頭の中を流れます。ちょうど私の人生
の転機の時、街でよく耳にしました。



誰かさんたちとは違って、この人たちは
きっと最後までカッコ良いまま旅立ったん
でしょう。


心よりご冥福をお祈りします。


東京丸の内のツリー(10th Anniversary Christmas~想い重ねるクリスマス~)
東京丸の内のツリー(10th Anniversary Christmas~想い重ねるクリスマス~)

誰も命までは…

2023年11月17日 15:20

仕事で大きなトラブルに巻き込まれたり
周りの人が関わりたくないような問題に
一人で直面してしまったら、どうします
か?

冷静な判断が出来ないくらいのピンチに
陥ったことは、皆少なからずあるのかも
しれません。


大した仕事をしていない私でも何度かは
ありました。

それでも今日あるのは何とかなったという
ことなんでしょう。


「誰も命まで取りにけえへんで!」

昔、仕事でお世話になった人の口癖です。
この言葉を心に刻んでみてください。



これも昔の話ですが、私を殺すと脅迫して
きた男がいました。

そう言われた時の私の怒りの感情は、今も
はっきりと覚えています。


未熟な私はその感情をコントロールできそう
にもありませんでしたが…

わずか数日後、その男は運転していた車で
激突事故を起こして一人勝手に死にました。


嘘みたいな本当の話です。



殺人事件でなくても、人の死に関わるような
ニュースを目にすると、つらくて、心が絞め
つけられます。


天災でなければ、人災でしょう。

つまり「責任の所在」云々の話になります。


大半の登場人物が自己保身のため、自己正当
化の言動に終始します。

逃げようと必死です。


それこそロクな死に方をしないでしょう
(失礼)



私は、そんなカッコ悪い人たちに負けたく
ないですから、トラブルに巻き込まれても
泣き寝入りしません。

見て見ぬ振りもしません。


どこからもミサイルが飛んで来なければ
大丈夫だと思って生きています。

生きてさえいれば勝てると思っています。


今日も何とか逃げずに生きています。


「アンディ・ウォーホル・キョウト」にて3-1
「アンディ・ウォーホル・キョウト」にて3-1

心動かされない

2023年10月25日 17:10

昨日、総理がたいへんお忙しい中、WBSに
出演されていました。就任の時以来ではない
でしょうか。


今回、所信表明演説で「経済、経済、経済」
と連呼された訳ですから、経済番組に出て
更なるアピールを、とお考えになったんで
しょう。



キャスターの質問に誠実にお答えになって
いましたが、演説同様、総理が繰り返す
「経済」という言葉に「魂」を感じなかった
のは私だけではないはずです。

残念ながら、心動かされませんでした。


リーダーである社長が話してるというより
課長が話してるように聞こえます(失礼、
いやそれも課長に失礼)

ご本人も事務的、お役所的に聞こえてしまう
のは、さぞ心外でしょう。



経済とは結局はお金の事です。つまり私たち
国民(庶民)のお金の話です。

例えば、庶民ではない人が、庶民の立場に
なって物事を考えるのは難しいでしょう。

逆に気の毒です。


実話かどうか、誰が言ったか定かではあり
ませんが、例の「パンが無いならケーキを
食べればいいのに」ですね。


「総理がメディアを引き連れ、大名行列で
スーパーを視察。下に~♪、下に~♪」
の一事が万事です。



昔、銀行に入行した際、研修で貰った本、
カーネギーの「人を動かす」を思い出し
ます。

人を動かす三原則の内、一番重要であろう
「人の立場に身を置く」を、です。


同じく元銀行員というキャリアを持つ総理
には、あらゆる点において負けている私です
が、この国民目線に関しては圧勝でしょう。

追い越されることもありません。庶民として
の経験の差です。


庶民が総理大臣になる世の中こそが、国民
の願いではないでしょうか。


「アンディ・ウォーホル・キョウト」にて2-4
「アンディ・ウォーホル・キョウト」にて2-4

東芝劇場は次シーズンへ

2023年09月30日 09:00

ブログ記事のネタを何度も提供してくれた
東芝さんですが…

国内投資ファンド日本産業パートナーズ
(JIP)によるTOB(株式公開買付)が今月
成立したようですね。


既存株主の66.7%を大きく超える申込が
あったらしく、残りの株式もスクイーズ
アウト(強制買取)で取得して、上場廃止
するとのことです。



TOB価格が高かったのか?安かったのか?
よくわかりませんが、資本がスッキリする
のは良いんではないでしょうか。

スッキリを言い換えるとシンプルです。
シンプルイズベストです。


株主が海外投資ファンド諸々から国内投資
ファンドに変わるイメージですね。

アクティビスト(物言う株主)と国に振り
回され、それこそ右往左往でここまで何年
かかったんでしょう…



元はと言えば「不正会計」が原因でした。
業績不振ゆえの不正会計です。

「チャレンジ」というキーワードも一時
話題になりました。


連鎖的に、米原発子会社の巨額損失の影響
で経営危機に陥ります。債務超過回避のため
海外アクティビストに出資をお願いした選択
は果たしてどうだったんでしょうか。



一旦、不正に手を染めると、それを修復
するために、更には信頼を回復するため
には、膨大な資金と長い年月(コストと
いう代償)がかかるということを改めて
教えてくれた例です。


大昔、スポンサーであった「サザエさん」
の提供読みで『明日をつくる技術の東芝』
とアナウンスされていました。

それが東芝の原点ではないでしょうか。


リーダーシップやマネジメントの不手際で
技術力をかき消してしまってはいけません。

幼少時代から愛着のある東芝が復活するのを
楽しみにしています。


「アンディ・ウォーホル・キョウト」にて2-3
「アンディ・ウォーホル・キョウト」にて2-3



最新記事